ポスティング配達員の管理について
2017.07.26

ご機嫌の女性ポスティングというのはかなり独自の形態の広告です。効果はたくさんの枚数を配ればあるとされていますが、ここで依頼主が気になるのが「ほんとうにポストに投函しているのか」でしょう。こういう面があるから、ポスティング業者に頼むことに躊躇している会社もあるでしょう。ポスティング業者にもさまざまな業者が存在します。きちんとした業者もあれば、そうでない業者もあるので、依頼するときはきちんと選択しなければならないでしょう。ポスティング業者は、どのように配達員の管理をしているのでしょうか。きちんとしたポスティング業者なら当然ながら信頼性のために、配達員の管理というものも行っているでしょう。
まず、ポスティングの配達員の仕事内容についてみてみましょう。まずはもちろんきちんとした面接があり、その後も研修期間があってここで仕事を覚えます。配達員は業者からチラシ・地図を受け取って、決められた地域のポストにチラシを投函します。作業には、チラシをすべて配ったら事務所にチラシをとりに行くものと、自宅に随時チラシが送られてくるものがあります。地図には、配達禁止地域の情報があり、ペンなどで印がつけてあります。ここで、配達員の問題というものがあります。もちろんほとんどの人が真面目に配っているでしょうが、なかには不真面目な人がいて、ズルをするかもしれません。ところが、ここがポイントなのですが、ポスティング業者の人というのは、その人が事務所に来て仕事の報告をしたときに、真面目に配っているかそうでないかがわかるということなのです。長年こういった仕事をしている人だと、きちんと配っているかそうでないかが自然とわかるというから、すごいですね。
さらに、チラシを投函したことの反響率を把握しているので、配達員は業者の人間からウソを見ぬけられるので真面目に配らなければいけません。反響率は配達員には教えていませんが、いくつかのポイントのマンションや家を設定しています。また、ポスティングを1000枚配ったときに、問合せがどれくらいあったかという指標があり、この数値をクリアしなければ配達員は仕事を続けられないシステムになっている業者もあります。さらに、最近ではあのGPS機能を使って、スタッフの管理をしているそうです。これが、現在ではポスティング配達員管理の最も大事なシステムとなっています。
配達員に小さい機械を渡して、数秒ごとに配達員がどこを移動しているかをパソコンに送信する仕組みです。これによって、依頼主は安心してポスティングを業者に依頼できることになりました。
このように、信頼のおけるポスティング業者もあるので、依頼するなら必ずこういった業者を見つけましょう。

▲ ページトップへ