ポスティングの反響を調べるには
2017.07.26

帽子をかぶった女性「ポスティング」というのはなかなか癖のある広告形態で有名です。商売の街である大阪のポスティング業者も、たくさんあるので依頼するときはじっくりと吟味する必要があります。ポスティングで依頼主が一番気になるのが「本当に反響があるのかどうか」ではないでしょうか。実際に反響があるのかどうか、それ以前にきちんとチラシがポストに配られているのかが気になって、なかなかポスティング業者に依頼する決心がつかない会社の方もおられるでしょう。ポスティング業者に依頼するには費用がかかるので、これで効果が出なかった場合はだいぶ本末転倒なことにもなってしまいます。しかも、実際にお客さんが実際に広告によってお店に来てくれた・注文してくれたということを判断することも当然難しいので、とても困難です。
では、どうにかしてポスティングの反響を調べることはできないのでしょうか。もっとも簡単な方法といえば、チラシに「クーポン」をつけるということです。みなさんも、ポストに入っていたチラシに、クーポンがついているのを見たことがないでしょうか?あれは、実際に見ると購買意欲というものが出てきて、かなりよくできた広告ではないでしょうか?チラシについているクーポンを使ったお客さんを調べて、ポスティングの効果や反響を調べることができるでしょう。
さらに、広範囲に渡ってポスティングするときは、エリアごとに違うクーポンにすれば、各エリアごとの反響度も調べることができて、次回からの戦略にも利用できるでしょう。また、ポスティングというものは初回だけ、または少数だけ配っても効果や反響は少なくなります。チラシを配られた住人の人のタイミングや認知度などの項目があって、何度も繰り返し配らなければならないためです。たしかに、一度だけのチラシを見てこれだ!と思う人もそうそういないでしょう。初回はお金がなくて利用したくてもできないときだったとしても、次回は余裕があったので利用するという場合もあるからです。このように、ポスティングでも相手の心理や気持ちを考えなければなりません。
どうしても手っ取り早くポスティングの効果が知りたいというときは、駅前などでチラシを配ってみるのはいかがでしょうか。この場合はポスティングのようなたくさんの枚数を使わずにある程度調べることができます。これである程度の反応が見込めると判断したら、改めてポスティングを利用することで経費を抑えることができるでしょう。
もしもチラシ配りで反応が薄かった場合、そのエリアではないほかのエリアを探してみましょう。

▲ ページトップへ