最新の健康診断の代行サービスを紹介します

ご自分の健康状態、理解していますでしょうか。一年に一度、多くの人は健診を受けると思います。その診断結果は今や生命保険の割引などに利用できる時代になってきました。つまり、健診を受けるという事は、自分の健康状態を知るということになります。自分の健康状態がわかれば、普段何に気をつければいいのか、何をすればいいのかがわかってきます。人生100年時代などと言われている今、健康で生きて行く事が何よりも大切になってきています。長生きするだけでなく、健康で長生きする事が、大切です。しかし、多くの人は忙しさ故に健康診断を受けていないのではないでしょうか。健診の代行サービスというものをご存知でしょうか。今回は忙しい従業員を持つ企業にとっては非常に便利なサービスをご紹介していきます。

健康診断について見ていきましょう

まずは健康診断について見ていきましょう。健康診断にはいくつか種類があります。一般健康診断と呼ばれるものは、企業への雇用時健康診断や定期健康診断などです。特殊健康診断は、特定の職業に従事している人が受ける健診でじん肺健康診断や有機溶剤健康診断などです。がん検診は各種がんに対する健康診断で、年齢によって受けるものが変わってきたりします。胃がん、大腸がん、子宮がん、肺がん、乳がんがあり、がんが増えている為受診率は高くなってきています。定期健康診断は毎年受けるもので、企業が費用を負担してくれる事もあります。しかし忙しくて健診を受けられない人もいます。会社側がそういった従業員を把握していない事もあります。そうなると、健診漏れが出てくることになってしまいます。そういった場合に働いてくれるのが、健診の代行サービスです。

健康診断の代行サービスについて見ていきます

健康診断を代行してくれるとはいえ、代わりに健康診断を受けるサービスではありません。あくまで受けるのは本人です。このサービスは健康診断の予約から会計、診断書を受け取り、データ化もしてくれます。更に、誰が受けて誰が受けていないかを把握してくれるので、一括管理が可能になります。健康診断に関する業務をすべて任せる事が出来る為、企業側の負担も減ります。受ける側からすると、予約から会計もしてくれるので、気軽に受ける事ができるようになります。代行サービスをしている会社はいくつかあります。選ぶコツとしては、要望に沿える会社を探しましょう。会社によっては健診を受けられる病院が決まっていたリ、細かな要望には対応できない場合もあります。そういった事をしっかりと確認しておかないと、あとで大変な事になります。しっかりとニーズに合う会社に依頼しましょう。

健診結果データ、就労データ、面談記録、メンタルヘルスデータも管理できるクラウド型健康管理システムです。 外国語対応可能な医療機関ネットワーク(都市部)。 従業員サイトはスマートフォン・タブレットに対応しています。 ネットワーク健診とHSSのセット導入キャンペーンを行っています。 地方の支社支店や一部事業所の社員やご家族の健診・健康管理をご用命いただくことも可能です。 健康管理や診断の代行ならウェルネス・コミュニケーションズ